マスク口臭をケアする7つの方法 | 厳選オーラルケアアイテムも紹介

  • HOME
  • COLUMN
  • マスク口臭をケアする7つの方法 | 厳選オーラルケアアイテムも紹介

マスク 口臭

新型コロナウイルスの影響で、マスクをする生活が長く続いています。

そんななか、「マスクをしていると自分の口臭が気になる……」という人が、とても多いようです。

 

そこで今回は、マスク時に気になる口臭の原因とケア方法について、詳しくお伝えしていきます。

 

マスクのなかで気になる、口臭の原因は?

マスクをしている“間に”、口臭が強くなっていると感じる場合、その原因の1つが、口呼吸のし過ぎです。

マスクの付けっぱなしが息苦しいせいで、口で呼吸をしてしまう人が、最近増えています。

 

口呼吸が多いと、口の中が乾いてしまい、口臭の抑制におおいに役立っている唾液(だえき)の量が、少なくなってしまうのです(※1)

 

※1 「唾液(だえき)」の役割

唾液は人間の体にとって、非常に大切なものです。

食べ物の消化を助けたり、口の中の粘膜を保護したり、歯の表面を守ったりと、複数の作用を持ちます。

 

口臭の原因となる細菌類の自浄作用も、もちろんその1つ。

だから唾液が減り始めると、口腔内で細菌が増え、口臭が強くなっていくのです。

 

また、マスクの有無に関係ない口臭に、マスクをし始めたからこそ、気付いた人もいるでしょう。

そうした口臭の原因には、虫歯歯周病舌の汚れ内臓の疾患ストレスなどがあります。

 

1日中マスクをする時の、7つの口臭対策

マスク中の口臭が気になる場合には、以下7つの対策がオススメです。

  1. 鼻呼吸を意識する
  2. 水をこまめに飲む
  3. 不織布(使い捨て)のマスクを使う
  4. マスクスプレーを使う
  5. デンタルフロスを使う
  6. 舌ブラシを使う
  7. マウスウォッシュを使う

 

【1】鼻呼吸を意識する

息苦しい時はついつい忘れがちですが、“なるべく鼻呼吸をする”ことを意識しましょう。

難しいようですが、意識するだけでもだいぶ口呼吸の回数は減るはずです。

 

【2】水をこまめに飲む

水

「喉が乾いたときに飲む」のではなく、乾くことを防ぐつもりで、こまめに水を飲みましょう。

そうすれば、口のなかが乾燥する(=唾液が減る)ことによる口臭は、大きく改善します。

 

【3】不織布(使い捨て)のマスクを使う

身近には、たくさんの種類のマスクがあります。

小顔効果マスクや蒸れないマスク、洗えるマスクなどが人気ですが、口臭が気になる場合は、不織布の使い捨てマスクがオススメです。

 

使い捨てでないマスクは、毎回洗濯するとしても、どうしても少しずつニオイの原因となる細菌が繁殖してしまいます。

 

【4】マスク用スプレーを使う

マスク用スプレー

ドラッグストアなどに売っているマスク用スプレーは、マスク生活中の口臭対策にも効果的です。

長時間マスクでも快適に過ごせるアロマが主成分のスプレーや、花粉症の人のための花粉バリア機能のスプレーなど様々ありますが、口臭が気になる人には消臭成分に特化したものをオススメします。

 

【5】デンタルフロスを使う

まだ使っていない人は、“毎日の歯ブラシのあとのデンタルフロス”を始めてみましょう。

マスク時の口臭は、歯ブラシでは取り切れない、歯と歯の間の歯垢が原因でもあります。

デンタルフロスを使えば、そうした歯ブラシだけでは取りにくい歯垢を、綺麗に取ることができます。

 

【6】舌ブラシを使う

舌ブラシ

鏡で、自分の舌の状態をチェックしてみてください。白い、苔のようなものが舌に付着していませんか?

この舌の汚れを、舌苔(ぜったい)といいます。

 

舌苔は、口臭にも大きく関係しています。

ドラッグストアで売っている舌用のブラシを使って、舌苔をなるべく減らしましょう。

 

【7】マウスウォッシュを使う

口のなかをスッキリさせたい時に使う、マウスウォッシュ。

口臭が気になる人は、マウスウォッシュのフレーバーよりも、マウスウォッシュにふくまれる薬用成分を重視しましょう。

どんな薬用成分がオススメなのかは、次の項目で詳しく解説します!

 

《POINT》就寝時マスクの注意点

花粉症や喉が痛いために、寝る時も一応マスクを付けている人は、寝ている間の口呼吸(と、口のなかの乾燥)対策をしましょう。

眠る前には、きっちり水分をとることがオススメです。

 

よくイビキをかくなど、口を開けて寝てしまうことが分かっている場合は、鼻呼吸テープで対策してみてください。

 

マスク口臭のケアにオススメのアイテム

オーラルケア用品

数あるオーラルケアアイテムのなかから、マスク口臭のケアに特に適している3つのアイテムを厳選しました。

マスク口臭ケアのアイテム選びに悩んだら、ぜひ試してみてください。

 

  1. 歯磨き粉は『デンティス エチケット歯磨き粉』
  2. デンタルフロスは『オカムラ リブレ』
  3. マウスウォッシュは『LION NONIO』

 

【1】歯磨き粉は『デンティス エチケット歯磨き粉』

デンティスのエチケット歯磨き粉は、消臭効果に特化しています。

口臭の原因である口腔内のバクテリアをしっかりマスキング。

 

マスク口臭の原因に多い口腔内の乾燥も、歯磨き粉に含まれる9種類の植物エキスによる潤い効果で、しっかり予防できます。

マスクを付けている時の口臭が気になる人はもちろん、寝起きの口臭が気になる人にもオススメしたい歯磨き粉です。

 

⇒ 『デンティス エチケット歯磨き粉』について、詳しくはコチラ!
(Amazonの商品ページへの、新しいページが開きます)

 

【2】デンタルフロスは『オカムラ リブレ』

リブレ

当社『オカムラ』の商品から、フレーバーつきデンタルフロスの『Rebre(リブレ)』をオススメします。

口臭の原因となる歯垢を取り除きつつ、いい香りによるリラックス効果を得られるフレーバーつきデンタルフロスは、全体的にオススメですが、『リブレ』が特にオススメなのは、1つの商品に2種類のフレーバーが配合されているからです。

 

《『リブレ』のフレーバーの組み合わせ》

  • カルダモン×ミント
  • ストロベリー×ピーチ
  • オレンジ×ハニー
  • レモン×ベルガモット
  • ココナッツ×バニラ

 

⇒ オカムラ『Rebre(リブレ)』について、詳しくはコチラ!
(『オカムラ』の商品ページへの、新しいページが開きます)

 

【3】マウスウォッシュは『LION NONIO』

口臭対策をもっとも重視してマウスウォッシュを選ぶなら、以下の薬用成分が含まれているマウスウォッシュを選びましょう。

パッケージ裏の成分表示を見れば、確認できます。

 

《口臭ケアに有効な成分の例》

  • クロルヘキシジン
  • 塩化セチルピリジニウム(CPC)
  • トリクロサン(TC)
  • 塩化ベンゼトニウム  ……など

 

LIONの『NONIO(ノニオ)』シリーズのマウスウォッシュは、上記成分のうち塩化セチルピリジニウム(CPC)が含まれ、長時間の口臭予防効果を発揮します。

マウスウォッシュ特有の刺激が苦手な人は、同シリーズのなかでも「ノンアルコールタイプ」を選ぶとよいです。

 

⇒ LION『NONIO マウスウォッシュ』について、詳しくはコチラ!
(LION『NONIO』の商品ページへの、新しいページが開きます)

 

《POINT》ドライマウスのケアにオススメの商品は?

マスク口臭の原因は、口呼吸により口腔内が乾くことだと先述しました。

この現象は、「ドライマウス」ともいいます。

 

ドライマウスには、マスク生活の前から悩んでいる人が多いです。

ドライマウスのケアのためにオーラルケア商品を選ぶなら、唾液の成分に近い成分や、保湿成分を配合した商品がオススメです。

サンスターの『バトラー』シリーズなどを試してみましょう。

 

口臭を根本的に改善するためには?

口臭には、口の中が乾くことや舌苔の付着が原因の「生理的な口臭」、コーヒーやニラ・ニンニクなど、味や香りがキツい物を摂ることが原因の「外因的な口臭(一時的であることが多い)

そして、虫歯や歯周病などが原因の「口腔由来の病的口臭」、その他全身の疾患が原因の「全身由来の病的口臭」があります。

 

口臭の原因がどれか1つであることは珍しく、複数の原因が重なっていることがほとんどです。

つまり、口臭を根本的に改善するには、心身全体のバランスを整える必要があるのです。

 

ストレスの緩和や食生活の見直し、適度な運動などで心身のよどみをなくすことが、根本的な口臭の改善に繋がります。

 

【まとめ】

歯 健康

以上、マスク口臭の原因と、そのケア方法についてお伝えしました。

マスクは清潔に、そして口呼吸を控えて口のなかの潤いを保ち、口臭の原因となる細菌を繁殖させないことで、マスク口臭はかなり改善されるはずです!

 

《企業の皆様へ》

マスク生活中の口臭ケアにも役立つ、高品質なオーラルケア商品を作りませんか?

当社『オカムラ』は、デンタルフロス・歯ブラシなどのオーラルケア商品の、OEM依頼を承っております。

 

⇒ OEMのお問い合わせ

⇒ 『オカムラ』のOEMについて